模型

健康面に気を使いたいなら炭の家を建てましょう

間取を工夫して快適に

模型

暮らしに必要な物を選択

新築を建てるのは一生に一度と言われるくらい大変なものです。埼玉に新築の家を建てるとなれば、書斎が欲しい、シムテムキッチンのある広い台所が欲しい、アレもコレも欲しい・・・と様々な要望が出てきます。思い浮かぶまま新築の家を建てようとすると、夢や希望はどんどん膨らんでいくばかりです。すべてを家作りに反映させるとなれば、とんでもなく大きな家になってしまい、とても実現できるものではありません。不必要なものは除き、新しい暮らしにどうしても必要な物だけを選択していかなければなりません。そして埼玉に住みよい間取りの新築を作っていくのです。埼玉で住みやすい家を作るには色々な方法があります。例えば、敷地が狭く周囲を住宅に囲まれている場合は、2階建てや3階建て、4階建てにしてスペースを確保することが考えられます。斜線制限や高さ制限がある場合は、夏は涼しく冬は暖かい地下室を設けることを考えても良いでしょう。埼玉の狭小地でも間取の工夫次第で快適に暮らせる家づくりはできます。敷地の南側が隣家にふさがれている場合は、普通は1階にある生活のスペースを、日が良く当たる2階に持ってくることで解決できます。但し、階段の上り下りの回数が多くなる不便さはあります。普段の生活スペースはやはり1階の方が良いという人には、2階の1部を吹き抜けにして日照を1階に取り込むこともできます。また、住宅の真ん中に中庭(光庭)を設ければ日照や通風を確保することができます。